banner

あなたはどっち?家族葬と一般葬で家族の意見が分かれたら?

日本での葬儀の選択肢としては大きく分けて、家族葬と一般葬があります。ここ数年の日本では家族葬が主流になりつつありますが、もちろん一般葬を希望する声も依然として根強く、選択肢はさらに広がっています。ただ、問題なのは家族と本人の間で葬儀についての希望がすれ違うことで、最終的に意見を一致させることができなければどちらにとっても悔いの残る葬儀になってしまいます。

よくあるのは、本人は一般葬を希望しているが家族のほうは規模や予算の都合から家族葬にしたいと考えているケースであり、葬儀のスケールがこぢんまりとしてしまうために生前に本人は少なからず不満を抱いてしまうようです。

反対に、本人が家族葬を希望していて家族のほうが一般葬を望んでいる、というケースも実際には多く、この場合、家族としてはトータルコストよりも規模や世間体などを考慮したうえで一般葬という選択肢を候補として考えているようです。いずれのケースでも、まず何よりも優先されるべきは本人の意志であり、家族のほうが生前の本人ときちんと正面から話し合い、そのうえでバランスのとれた葬儀をプランニングしていくことが望まれます。

もしも、予算などの事情によりどうしても本人の希望が充分にかなえられない場合は、その理由について生前の本人に説明し、納得してもらったうえであらためて現実的な葬儀について考えていく、というのが理想的なプロセスと言えます。

Copyright©2018【これからはスタンダード!家族葬のポイントと注意点】 All Rights reserved.